TOPページグリーンピールについて>グリーンピールの歴史

グリーンピールの歴史

1917年4月2日

シュラメック社の創設者及びGREEN PEEL® の母、クリスティーネ・シュラメック誕生
(2011年現在も健在94歳)

1946年

ドイツ・エッセンにクリスティーネ・シュラメックが会社を設立

1950年

シュラメック社の創設者及び ドイツ・コスメティック同業組合専任技術指導者として教鞭を振るう
ヒンデンブルクの医学アカデミーコスメティック学校の専任指導者として皮膚科学の専門教授ホラザック博士と皮膚医学を研究する

1957年

クリスティーネ・シュラメックは、ウィーンで開催されたシデスコ大会にて “リンパドレナージュの父” と呼ばれるエミール・ヴォデール博士と出会った。
そして、このマッサージ法はコスメティック部門において「素晴らしく大きな意味を持つメソッド(経皮吸収されたハーブ複合体の力がリンパと密接な関係がある)」と確信し、ヴォデール博士とともに更に活動し続けた。

1958年

独自の発明、開発による 「GREEN PEEL® 」 を発表した(リンパドレナージュをベースとした皮膚深部トリートメント)。
皮膚科の名医ホラザック氏とともに、さまざまなトラブル肌100例以上の臨床実験を実施し、ニキビ、ニキビ跡、ケロイドなど成果を上げる。

1960年

「血液循環、新陳代謝、新細胞蘇生、コラーゲンファイバーの生産性昴揚」の論文を発表

1964年

ホリスティック医学(自然の治癒力を重視した医学)を基にした施術を広める

1968年

クリスティーネ・シュラメックは、ヨーロッパでコスメティシャンのパイオニアとしてGREEN PEEL® の研究、開発、製造及び販売を進める。
「コスメティックアカデミー賞受賞!」
ブレミッシュバルム(グリーンピール専用の軟膏)の使用により、GREEN PEEL® の効果をより高める

1976年

第1回GREEN PEEL® 協議大会でリンパドレナージュを指導

1980年

クリスティーネの娘で皮膚科医、アレルギー専門医であるドルシオとともにGREEN PEEL® トリートメントの研究、開発を進め更に進化し「ドクターメディカルクリスティーネ・シュラメック」を設立
GREEN PEEL® トリートメントとし初めて広告に掲載し、多数の業界誌で紹介され、ドイツや他のヨーロッパ諸国、アジア、およびアメリカで講演とデモンストレーションを行う。
クリスティーネ・シュラメック スキンケアシリーズをリリース

1985年

インターナショナルホリスティックアカデミー設立

1987年

第2回GREEN PEEL® 協議大会
コスメティシャン、ビューティーセラピスト100名参加

1990年

娘クリスティーネ・シュラメック ドルシオが会社を引き継ぐことになり、他に類を見ないコスメティック術と皮膚科学を駆使した組み合わせは革新なスキンケア商品と治療法の開発に通じた

2001年

自社刊行物 “ビューティートーク” 発刊
病院、エステサロン、顧客へのニュースレター配信

2002年

アジア市場進出、強化 サンスクリーンをリリース “2シリーズ” 等、ウォーターリリーを使用したアジア人向けコスメティックの発売!

2008年

カーミングフェイシャルフォームの誕生!
フォームを用いた新しいトリートメント方法 “50周年GREEN PEEL® トリートメント” をリリース(52ヶ国)

2009年

アレルギーとエイジングケアの皮膚科医である、ドクタードルシオ(2代目)による肌タイプ別のドクターズコスメをドイツより世界発信

現在

2009年よりシュラメック社は2種類のロゴで、2つの特徴的なマーケットを展開しています。